2015年07月20日

CCB 渡辺英樹さん追悼

中学生の頃、CCBに憧れてバンドを始めた俺が来ましたよ。

CCBのベーシスト、渡辺英樹さんがお亡くなりになったそうですね。
まだ50代だったとのことで、ちょっとびっくりです。

中学生のころ、Romanticが止まらないで脚光を浴びたCCBですが、バンドをやりたかった俺にとって数少ないTVで楽器を演奏しているところが見えるバンドでした。
アルフィーもTVで演奏する様子が見れたけど、バンドっていう感じじゃなかったし。

Romanticが止まらない、LuckeyChanceをもう一度、あたりのイメージが強いCCBで、こういうPOPなシングルももちろn良かったんですが、友達と一緒にレンタルレコード屋で借りたアルバム”すてきなビート”と“僕たちNo-No-No"がバンドなんだな、ということがわかってよかった。シングル曲だとギターがあまり目立たない感じだったけれど、“僕たちNo-No-No”収録のうわさのカタカナボーイ”とアニメのようなABC"はハードなギターソロがあって恰好よかった。

さっきみたらシングルは筒美恭平作曲、アルバム収録曲とかこの2曲はメンバーの作曲でした。

ベースを担当することになった友達は新聞配達でためた貯金で渡辺さんが使っていたヤマハのMotionというモデルのベースを買って、いきなりチョッパースタイルを練習する羽目になっていました。

中学2年生の時に地元でCCBがライブをやる時も見にいきました。
前から5列目のとてもいい席だったな。回りはほとんど全員女の子だったので目立ってしまったかも。

あれから30年たって、ちょっと某メンバーがつかまったりしてしまったけど皆現役のミュージシャンとして活躍されているというのはすごいことだし、やっぱり当時の俺の目に狂いはなかった、と自画自賛。

渡辺さんのご冥福をお祈りするとともに、あの頃のみんなは今なにやってるかな、元気でやっているといいな、と思いました。


posted by MOMO at 17:54 | Comment(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

上海転職事情 2015年春

春先の回想がまだ続く俺が来ましたよ。

無職のままではいられないので、求職活動をしました。2015年春先の話です。

こちらでは人材紹介会社に登録し、そこを経由して企業に紹介してもらい、面接から就職という流れになるんですが、予想はしていましたがかなり難航したッス。

条件のいい案件が少ないとうこともさることながら、学歴的にも経歴的にもぱっとしないのでまあ仕方がない。でも予想していたことだとは言っても凹むのは事実。

ここで実際にどんな感じで紹介が進むかを公開。

まず、人材紹介会社に2社メールで登録したところ、R社からはまず面談に来てくれ、状況や希望のヒアリングがしたい、ということでした。
I社からは電話連絡があり、希望や状況などヒアリングされましたが、特に面談に来いとは言われませんでした。また、両社ともに履歴書をメールで送るように言われました。

その後、R社を訪問し担当者と面談、こちらの希望とマッチする案件をいくつか面談中に紹介を受け、帰宅しました。R社との面談で話したこちらの希望条件その他はI社に電話で連絡したものと同じです。

その後、R社、I社ともになにか案件があるとメールで紹介の連絡が入りますが、このあたりからR社、I社の企業としてのスタンスというか担当者が私をどう見ているかが見えてきます。

上海の求人マーケットなんてそれほど大きくないので、R社とI社が持っている案件そのものはほとんど同じです。
ですが、R社が常に半日ほど早く連絡をくれました。また、私の希望条件からはっきり外れる案件はある程度弾いてあります。

I社の場合、全然希望とは関係ない案件を含む案件リストが送られてきます。

おそらく、こういうことです。

R社は面談の結果、俺に市場価値ありと判断して紹介してくれたけれど、I社は履歴書見た結果、市場価値なし・面談の必要なしと判断し、I社の評判を落とさない程度に最低コストのサービスを私に対して提供した、と。

最終的にR社からもI社からも紹介されていた案件にR社経由で応募し、採用となったわけですが、売り込んでくれているんだなということが面接して頂いた企業の担当者の物言いでもわかりました。

担当者レベルでサービスの水準がバラつくのかもしれませんし、市場価値があきらかにある人であればどの会社も手厚くケアしてくれるのかもしれませんが、ビジネスである以上仕方ありませんね。
逆の立場なら売れそうなものを扱いたいですもんね。

ですが、こちらにも選ぶ権利があるので同じ案件ですがR社を選んで応募した次第。

もし上海で転職を検討されている人がいたらご参考にどうぞ。



posted by MOMO at 16:01 | Comment(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

TOEICを受験した

昨日から凄く暑くてうっとおしい俺が来ましたよ・・・暑い・・・

仕事を辞めるにあたって次の仕事の心配をするわけですが、転職市場での自分の市場価値を考えると相当微妙… 中国語もビジネスレベルとはいえないし、営業職はやってきているけど、商品や業界が違えば一からやり直しだし。

それに年齢的にも若くないっすからね・・・

そんなことを言っていてもはじまらないので、HSKと並行してなにかやろうかな・・・

と考えて、英語かな、と。

上海に来る前に日本でTOEICを受験し、その時のスコアが670点。その後上海に来てからも英語を使う仕事をしたりしたから少しはスコアも上がっていることだろう・・・という予想のもと、受験を決めました。
昨年のアメリカ旅行以降、英語ブームが訪れていた我が家、嫁も一緒に受けることに。

目標は730点! ビジネスレベルの英語=730点以上が目安、と何かで読んだことがあるというのが目標点数の根拠。
今時730点?というのも事実ではあるんですが、手の届かない目標にしても仕方がないということで。

現在の英語能力を自己分析すると、ヒアリングはまあまあ、ボキャブラリは貧困、文法はなんとなく、という感じ。
てっとり早くスコアアップにつながりそうなのは単語だろう、ということで単語学習アプリをダウンロードして暇なときに単語を覚えることにしました。

2014年の年末くらいから2か月くらい、マメにやって、1月末頃の試験を受けました。

で、なんとか目標の730点をぎりぎりで取ることができました。
今後も勉強を継続して最終的には800点までいければいいなと思ったりしますが、すぐに勉強をさぼったりする俺。
タグ:上海 英語 TOEIC

posted by MOMO at 16:52 | Comment(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。