2012年11月08日

上海風呂事情

冬将軍がもうすぐ来る上海の俺が来ましたよ。

一般的にいって中国人には湯船に浸かるという習慣がないため、浴室にバスタブがありません。
なのでシャワーを浴びるのですが、寒くなってくると身体が温まらない。
その上、ガス給湯器の設定が微妙で、2段階の燃焼モード切替ができるものの、

@最低温度にしてももの凄く熱い 
A最高温度にしてもぬるい 

という状態。仕方なくぬるい方で我慢していたのですが、ある日嫁が気づきました。

バスタブをかえばいいんじゃん!

というわけでホームセンターに行ったところ、バスタブっつーか風呂桶を発見!
いいんだよ、これで!お湯がたまればさ!

C360_2012-11-04-21-49-35_org.jpg


早速購入&設置。

湯に身体をほぐされながら、なんでいままで考えつかなかったのか、と自問自答。


タグ:上海 風呂

スポンサーリンク



posted by MOMO at 15:29 | Comment(2) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よかったな、泣けるぜ(´^`。)ホロッ
風呂桶ないし、風邪引いて今日さ、
会社休んだわ
上司にメールしたら、
このままずっと休めってさ、
おいらも風呂桶かうか、、、
Posted by まるお at 2012年11月26日 14:56
まるおさん、コメントありがとうございます。
風呂桶、お薦めですよ。
やっぱり暖まって寝たいもんね。
お大事に!
Posted by Momo at 2012年11月27日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: